読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このひとでなし

短歌のまとめとそれ以外の語り

刀剣短歌まとめ その8 刀剣全般編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 刀剣男士全般とかとかとか 刀剣と健康 頬のうら、ひとのからだで思うのはこういうときのこういったことほんとうはやいばのくせに薄紙で皮膚を切るなんてうそみたいだね 風邪 じりじりと頚のうしろが燃…

刀剣短歌まとめ その7 セット編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 連歌、二人組、三人組など 書いてる人がアレなので場合によってはアレ(オブラート) 主にアレなのは一番下です 刀派 堀川 その場所でずっとひとりで泣いてれば(証明があるからだのくせに)おまえに…

刀剣短歌まとめ その6 いろいろ編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ まとまんなかった奴 歌仙兼定 いまならば君の嫌いな神様に触れることさえできそうだから泣かないで、それはきみではないでしょう、裁ち切って、ほらあの首だろう。そうやって固執するとこかっこわるく…

刀剣乱舞まとめ その5 沖田刀編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 沖田刀たち ほぼ会話 加州清光 ごめんあそばせこの人と一足お先にゆかせていただきますわごめんなさいね俺ったらずいぶんといい性格をしてるらしいから最期までおそばにおいて愛してね(恋は刀をなま…

刀剣短歌まとめ その4 伊達編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 伊達まわり ほぼ鶴丸とちょっと光忠 鶴丸国永 真っ白な枯れ枝みたいなその腕で抱き締めてくれ俺がゆくまでひんやりとすえたにおいのするここがきみとおれとの楽園なのさご覧あれ、この俺の行く花道を…

刀剣短歌まとめ その3 織田(ほぼ長谷部)編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 織田とか(ほぼ長谷部) へし切り長谷部 かわいそうだと思うならあの人になってみせろよいまここでほら最後まであの目のそばにいたくせに許さない許さない許さない地獄行き各駅停車その先にあなたはい…

刀剣短歌まとめ その2 大坂と粟田口編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ 大坂まわりと粟田口(ざっくり) 一期一振 見たこともないおさなごのあにうえと呼ぶ声に違和感を抱けずに願わくば未だ見ぬ死んだ弟の彼岸の帰路の露払いたれあにうえと囲いを立てるおさなごを誰ひとり…

刀剣短歌まとめ その1 土方刀編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめその1 堀川国広味付けが濃いねと笑う(ごめんなさいながく塩水飲んでいたから)よわくってかっこわるくてちいさくて泣いてる君が今も好きだよ意味のない大口叩いていてほしいとか思うのはぼくのエゴだ…