このひとでなし

短歌のまとめとそれ以外の語り

刀剣短歌まとめ その6 いろいろ編

刀剣乱舞にはまっててめっちゃ短歌書いてたときのまとめ
まとまんなかった奴

歌仙兼定

いまならば君の嫌いな神様に触れることさえできそうだから

泣かないで、それはきみではないでしょう、裁ち切って、ほらあの首だろう。

そうやって固執するとこかっこわるくて大好きだぼくらしくって

めぐりくる季節の美しいことをきみの中からずっと見てたよ

人はみな神の子どもというのならぼくは果たしてなんの子だろう

かみさまになりたかったの本当はあの子の神を切り伏せるための

きみはぼくだったからぼくはこの傷も大事にもっておきたいのにさ


山姥切国広

ちちうえの名をいただいたかっこうの子どもであると笑ってくれよ

憂うつと倦怠感と泥水を唯一おれの照明にして

いま浴びた鉄の煮汁は俺だけのためにそいつが燃やしてたんだ

自動ドアさえ認識してくれない俺とは一体なんなんだろう

にっかり青江

だってほら、この名で祭りあげられて笑わない人がいると思うかい?

いやだなあこの正の字は討ち取った首の数だよひのふのみのよ

ほらそこに、そのすぐ横にいるじゃない。わからないんだ、かわいそうにね。


蜻蛉切

あんなにも焦がれ求めた赤色を小刀ごときに奪われるなど


同田貫正国

そうやってむやみに間延びしてるから見失うんだほんとのことを


三日月宗近

きんいろのおそらが呼んでいますので今夜限りでおいとまします


今剣

あのときにいっしょにつれていってくれなかったことまだうらんでいます