読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このひとでなし

短歌のまとめとそれ以外の語り

バニラボーイ見てきた

※ネタバレあります

公開2日目の9月4日にえっちらおっちら見に行きました。
まず映画を見るために越境するのがはじめてだったし映画館どこにあるかわかんなくなってたどり着けないしもうダメだこれと思ったんだけどなんとかなった。
座席結構空いててちょっと心配になったし普段見る映画とも客層がちがうっぽかったしで座ってしばらくしてからもスクリーンここであってんのか!?と不安になる。あってた。よかった。
映画はじまるまでに波乱ありすぎ。

よかったところ

・丘サーフィン部の子らがむちゃむちゃかわいい
いやもうこの映画のよかったところは制服でキャッキャキャッキャするジェシーくん北斗くん樹くんというところが大部分を占めてると言っても過言ではないんスよマジ。小西くんとまえだまえだ兄も馴染んでてすっごいかわいかったのでよかった。
犬とかがわらわらわら~って集まってきてわふわふわふわふってしてるみたいな(?)
賢いはずの林と松永もなんだかんだちょっとぽんこつなのが学生っぽくてすごくかわいかった。なによりジェシーくんが始終ぴかぴかしてるのがかわいかった。

・手作り感のある会議室と制服
最初あの漫画っぽい制服着た大人見たとき「うわあ…コレやべえもん見に来ちゃったんじゃねえの…」と思ったんだけど「リツコ」とか「アニメの観すぎ」とかのセリフで完全に校長が趣味でやっちゃったんだなっていうのがわかって面白かった。校長室から移動するときの背景がローラーついててガラガラガラってなるカーテンがゆっくり自動で開いてるのがうわ~!手作り~~~!!と思って好き。

・ずっと走ってる松永
樹くん演じる松永は身体能力がずば抜けているという設定なんだけど、駅伝のシーンでいろんなところに出てきていろんな人に声かけたりして出てくる。最初うん?この子何でここにいるの?と思うんだけど、実は走って中継所を行ったり来たりしていたのだった。
もうその時点で何でこの子自分も走者なのにそんなことしてんの!?あたまがおかしいのでは!?と思うんだけど、一番頭おかしいのが第二区間で順位を落とした城島のために片桐さんをおぶって連れてきて、城島と片桐さんがラブコメしたあとにしれっと何でもないような顔してまた片桐さんおぶって走って去っていくところ。えー!?おまえそれでいいの!?足じゃん!?と思う。もう完全に移動手段になりきってしまっておぶって走ることに対して特に松永本人からのコメントがないところがすごく体力おばけでよかった。
そんなひと悶着のあともバテる坂東と一緒に第三区間を走りきって自分の区間も全部走る松永。
もうほんとにずっと走っててやばい。わたしはこういうおばけがすきです。

・突然始まるラップ
これまあ意見われるだろうけどリズムとグルーヴの奴隷なので好きに決まってんだろもう!ばか!みたいな感じです。
テンポ…テンポこそすべて…
あとふつうにじゅりラップ好きなのでそこでも加点あります。

・学生服とか水着とか練習着とかがありがたい
いろんな衣装でキャッキャしてる三人がむちゃくちゃありがたい🙏
一番ありがたかったのが海岸で和毅と林がちょっともめて和毅が去ったあとに林と松永が話すシーンで横になった北斗くんと樹くんの体型の違いがむっちゃはっきりわかるTシャツ姿でしたありがとうございました🙏

・北斗くんが大画面でめちゃくちゃウインクしてくれる
北斗くんが大画面でめちゃくちゃウインクしてくれる。


だめだったところ

・林と松永が和毅を守ってるってのがわかりにくかった
ちょっと報告シーン入れたりするだけで全然違うのにそういうのがないのがもったいなかった。冒頭の通学のシーンでももうちょっとなんかそれっぽい描写とか入れてほしかったかなあと思った。
一応校長(室長?)と接点あるはずなのにそっちから連絡入れたりしてもいいのになあ。沖縄合宿にしたって校長権限とかでなんとかしなよ~と思わんこともない

・栃木にいるときより沖縄にいるときの方が長くない?
栃木に学校があるっていう設定がもう丘サーフィン部やりたいってとこだけでしか機能してなくて残念だった。
田畑の中をまっくろいバイクと自転車でチェイスしてるシーンはよかったけどはっきり言って似たような風景は死ぬほどあるのでほんとに「海無し県」というとこでしか土地の設定が使えてなくて残念。
沖縄は沖縄で海あるってとこで使ったんだろうなア…という感じ。茨城とかでもいいじゃん!?だめかな!?
もっと小規模で収まった上で世界の危機とか言ってる方が実は面白い可能性もあるのでは?と思った。
(でも沖縄にはしゃいでキャッキャする丘サーフィン部はめちゃめちゃかわいかったのでそこはよかった。)
せっかく大人サイドが会議室みたいなところをがんばってまんがっぽくしてるっていうところのおもしろみがあるのに中途半端に飛んじゃったらだめじゃん~!
あとほんと沖縄でいろんな物事が進むので体感的には栃木で悶着してる時間より沖縄にいる時間の方が長く感じる。(一番大事な駅伝大会が沖縄な時点でアレ。)
栃木とはなんだったのか…栃木をよく知ってる人だったら栃木感を存分に感じられたのかも知れないけど残念ながらわたしは栃木をよく知らないので栃木感もなにもなかったのであった…。


まとめ

たぶんざっくり言っちゃうとダメなタイプの映画なんだろうけど、好きなアイドル出てる時点でよかった探ししながら見ることが決まってたのでめっちゃ楽しんで見れました。
もうおもっきりふざけてやろうっていうのもわかったしノリ切れれば楽しい。
ていうか須賀くん出てたんかいワレ!(パンフ読んで気づいた)